カテゴリー
仕事

女性発明家が増えれば男が家庭に入るのか

~うっかりミスは想定外の大発見や大発明をうむ?
『身近な発明品は主婦のものが多いわ』

ミラクル忍者:熟練した忍びの者でも、お城に忍び込んだとき、迷路に迷ったりするよ。

仕事には失敗がつきものだよ。

フリーター:発明の開発では、うっかりした失敗から、想定外の大発見、大発明がえられるますね。

希望の星:発明品の構造を使用者の視点から改良していくと、思わぬところから新しい機能が付加されます。

フリーター:消費者の意見をとりいれると、使い勝手の良い実用品になるんですね。

試行錯誤を重ねていくと、長もちするエコ的な商品に仕上がることもあります。
消費者は、小型軽量化した安価な商品を好みます。

使い勝手の良い商品が求められるときは、人間工学的な改良を加えて設計します。

ミラクル忍者:必要は発明の母、だね。
人は、必要に迫られると、急いで物の発明に追い込まれるね。

希望の星:発明によっては、目的とは違う新たな需要が生まることがあります。

発明品を販売して暫くした後に、爆発的に人気が出てくることもあります。

フリーター:発明の開発は、手と頭と紙ではなく、最近はコンピュータ上で行うような時代になりました。

希望の星:コンピュータ上でシミュレーションするので、開発サイクルが速まります。
フリーター:モデル構築を試行錯誤して繰り返しながら、発明の改良を重ねていくんですね。

希望の星:共同発明では、ブレインストーミングすると、新たなアイデアが生まれやすくなります。
協調的な創造プロセスは、大きな開発プロジェクトで有効です。

フリーター:発明家の多くは、発明プロセスをノートや写真で記録しますね。

希望の星:発明のプロセスでは、初期のアイデアから変化して完成していきます。

フリーター:発明品を単純化していくうちに、実用的なもの近づくこともありますね。

希望の星:発明品を改良していくと、初めの発明品とは異なるものに変貌します。

それが望外のヒット商品になることもあります。

フリーター:ひとつの発明から別の発明がうまれるんですね。

希望の星:発明品の利用改良は、実用上大切です。
1つの発明品が、異分野で用いられることもあります。

発明品の用途は、時代と共に変化します。

フリーター:哲学者と同様に、女性の発明家は少ないですね。

あげまん:社会に出るのは男で、女は家庭に入るもの、という風潮が残っているのよね。

女性が発明家に向いていないのではないわ。

希望の星:女性が男性と同様に、仕事に生きるようになれば、女性の発明家も増えていくでしょう。

ミラクル忍者:そのようになれば、男が家庭に入る時代になるかもしれんね。

あげまん:台所やお風呂などの家庭生活に係る身近な発明品は、主婦による考案品が沢山あるわ。

ふとしたヒントからでたアイデアが大きなヒット商品になるのよね。

発明は天才が創るものとは思わないわ。

必要を感じる人が良い発明を創るのよね。

カテゴリー
科学・技術

一攫千金をめざす発明には夢とロマンがある

「発明家は忍耐、信念、情熱をもっています」
健康、金銭、人間関係、仕事、生活等について自由に語り合う~宇宙の法則

ミラクル忍者:良いものを発明すると、一攫千金も夢ではないね。

発明品の開発のコツってある?

希望の星:発明はアイデアを出すところから始まります。

良いアイデアをだすには、思考を柔らかくすることです。

アイデアを量産することは、良い発明の開発に結びつきます。

フリーター:発明は、結果がわからないまま開発しますね。

希望の星:成功するか失敗するかは、誰にも分かりません。

あげまん:人知の及ばないことは、神のみ知るのよね。

希望の星:良い発明品とは、ユーザの抱えている不便をなくすことです。

フリーター:ユーザーの不便を見つけることは、新しいアイデアを生み出すキッカケになりますね。

希望の星:捨てるものに価値をつけることも大事です。

フリーター:価値を付けるには、ユーザーの欲しいものを満たすことですね。

希望の星:人には大好きなものがある反面、大きらいなものがあります。

正反対の2つのものを結合させたら、斬新なアイデアが出てきます。

フリーター:アイデアは無からではなく、既存の物を組み合わせたものですね。希望の星:物の新しい組み合わせは、想像的な創造力からでてきます。

創造の新たな発想は、考える場所を変えると、出やすくなります。

ひらめきやすい場所は、バー、バスルーム、バス、ベッドなどです。

ミラクル忍者:静かな所は、思考の集中力を高めるね。

希望の星:アイデアとは、思考を柔軟にすることです。

常識から非常識の視点をもつことです。

優れたアイデアは、インスピレーション的な発想から出ます。

フリーター:アイデアは発明開発の原石ですね。

希望の星:原石を宝石にするには、素材の原石をなんども磨くことです。

アイデアを具体的な品物の形にして仕上げていきます。

フリーター:品物の機能を高め、ユーザーの使い勝手の良い発明品に改良していくんですね。

希望の星:インスピレーションから始まった発明は、最初のアイデアが完ぺきにできても、さらなる応用の開発が必要です。

フリーター:発明家は、自分のアイデアを信じていますね。

自信があるからこそ、失敗しても諦めませんね。

希望の星:優れた発明家は忍耐、信念、情熱をもっています。

失敗した方法は、成功の組み合わせではないと考えます。

失敗をポジティブにとらえます。

フリーター:発明を忍耐づよく続けると、必ず成功しますね。

あげまん:発明は、生活の中で感じる不便や必要から生まれるのよね。

ユーザーは、「あったらいいな」といえる発明品を望んでいるのよね。

ミラクル忍者:発明の開発には、一攫千金とは別に夢とロマンがあるんだね。

発明は、天才の能力によるものではないね。

発明のヒントは、日常生活の中にもあふれているんだね。

 

カテゴリー
科学・技術

リラックスしているときに独創的なアイデアがでる

161-1リラックスしているときに独創的なアイデアがでる~発明には洞察力がいる

ミラクル忍者:困ることは、次の新しい世界を発見する扉である、というね。
そもそも発明って何?

希望の星:発明とは、道具をつくり自然法則を発見して、有用な機械、器具や材料・素材などをつくりだすことです。

発明品は、人々の生活を豊かにします。

フリーター:好奇心は、既知のものをこえて興味が拡大しますね。

希望の星:好奇心は新たな可能性、新たなつながりをもたらします。

新たな関係を見だすと、発明へのひらめきが生まれます。

フリーター:創意にとんだ思考は、異なる分野の要素や概念を結びつけますね。

希望の星:発明家は、技術分野の境界線をまたいで創作します。

ある技術分野の考え方は、異なる技術分野に適用されます。

フリーター:発明は、遊び心から生まれますね。

希望の星:砂場や実験や想像で遊んだ子ども頃の好奇心は、遊びの才能を伸ばします。

発明家は、興味あるものに探究心がおこります。

フリーター:探究する内的衝動は、斬新な創造力をもたらしますね。

希望の星:楽しさが創造の推進力となります。

楽しいという氣もちが、発明への執念を燃やさせます。

フリーター:自分の発明品を改めて見直すと、新たなアイデアがでてくることがありますね。

希望の星:意識が主題や課題からそれたときや、何か別のことに気をそらされたときに、新しい発想が生まれます。

くつろいだり眠っいるときに、独創的なアイデアがでてきます。

フリーター:発明には洞察力が必要ですね。

希望の星:疑問や直観により洞察力が強まります。

何らかの異常や偶然から、優れた発明が生まれます。

ミラクル忍者:ささやかなヒラメキは、新たな発明を誕生させるんだね。

希望の星:たとえば、過剰の触媒を偶然加えたことで、金属色のプラスチックができたりします。

また、金属的特性の研究中に、発光性の新素材を発明したりします。

あげまん:発明は必ずしも高度な科学の知識がなくてもできるわ。
洗たくや台所用品などは主婦の発明家もふえているよ。
日用品の発明で億万長者になった主婦の発明家も沢山いるわ。