カテゴリー
仕事

気になることは起こる

 

 

 

 

 

54人から出る気の雰囲気を感じて判断する
~気にしていることは現象化しやすい 

ワークマン:コミュニケーションには言語情報、聴覚情報、視覚情報がありますね。

希望の星:顧客の第一印象は、ルックスやジェスチャー、声のトーン、話の内容の順に重視します。

ホントウは、人にあった時に、人から出る気の雰囲気を感じて判断しています。

気には、その人の人格などの全ての情報が入ってます。

ワークマン:営業の仕事では、伝える内容はもちろん、見た目や話し方などの非言語情報にも気を配る必要がありますね。

希望の星:管理職の危機管理では、常に最悪を想定しておく必要があります。

それにより、被害を最小限にとどめることができます。

ワークマン:被害は極力避ける油にすべきですね。

かって被害を受けたとき、それを回復させるのに大きな苦労がありました。

希望の星:経験の快苦は、ピーク時と終了時の快苦の度合いで決ります。

ワークマン:全体的に苦しくても、最後に楽を味わうことで、苦しみが小さく感じられますね。

希望の星:例えば、店に入ったとき店員から気分を害されても、出る際に丁重にされると、あの店は良かったなと感じます。

人間はミスするものです。自分の言動のミスは、素直に謝ったほうが丸く収まります。

ワークマン:人は自分の言動に一貫性をもちたがりますね。

希望の星:人は他者に期待されると、意欲がわいて仕事するので、成績が向上します。

上司の強い期待感を部下に伝えると、部下はその期待に応えようと頑張ります。

ワークマン:人が意識したものは、現実におこりますね。

気になっていた情報が意外な所からやってくることがあります。

希望の星:必要な情報は強く意識していると、ひょっこり舞い込んできます。

ワークマン:私はパソコンを替え買いたいと思っていたら、新しいパソコンの情報が飛び込んできました。

希望の星:何を気にするかは重要です。

気にしたことは起こりやすいです。良いことも良くないことでも、現象化しやすいです。

ワークマン:新しい顧客が気になっていましたら、新しい顧客があらわれました。

希望の星:気にするといっても、意識的に自覚して気にするものと、無意識的に自覚しないで、何となく気にするものがあります。

ワークマン:ふだんはタクシーをよく見かけるのに、タクシーを拾おうとすると、その時に限って1台も来ないことがよくありますね。

これは、タクシーを拾えないことを無意識で気にしていたのかもしれませんね。

Follow me!