発明のコツ5つ~ミスに学ぶ、人の意見、手と頭と紙、改良の繰返し

発明

ミスからの発想、想定外の大発見や大発明をうむ?

ミラクル忍者:熟練した忍びの者でも、お城に忍び込んだとき、
迷路に迷ったりするよ。

あげまん:学び、仕事、習い事などには、失敗がつきものだわ。

フリーター:発明の開発では、うっかりした失敗から、
想定外の大発見、大発明がえられるますね。

あげまん:ミスから学ぶのよね。

希望の星:発明品の構造を使用者の視点から改良していくと、
思わぬところから新しい機能が付加されます。

消費者の意見で、使い勝手の良い実用品になる

フリーター:消費者の意見をとりいれると、使い勝手の良い実用品になるんですね。

希望の星:試行錯誤を重ねていくと、長もちするエコ的な商品に仕上がる
こともあります。

フリーター:消費者は、小型軽量化した安価な商品を好みますね。

希望の星:使い勝手の良い商品が求められるときは、発明家は、
人間工学的な改良を加えます。

ミラクル忍者:必要は発明の母、だね。

発明品は、遅れて爆発的に売れたりする

受験生:人は必要に迫られると、急いで物の発明に追い込まれますね。

希望の星:発明によっては、目的とは違う新たな需要が生まれることがあります。

あげまん:発明品を販売して暫くした後に、爆発的に人気が出てくることもあるわ。

優れた発明品は、人々にすぐに認められるわけじゃないんだね。

発明は手と頭と紙でやろう

フリーター:発明の開発は、手と頭と紙でやるべきですね。

希望の星:五感でやると、体から知恵が出て忘れません。

フリーター:最近は、コンピュータ上で発明開発を行うようになりましたね。

希望の星:コンピュータ上でシミュレーションするので、開発サイクルが速まります。

フリーター:モデル構築を試行錯誤して繰り返しながら、発明の改良を
重ねていくんですね。

発明品の改良で望外のヒット商品になったりする

希望の星:共同発明では、ブレインストーミングすると、新たなアイデアが
生まれやすくなります。

あげまん:協調的な創造プロセスは、大きな開発プロジェクトで有効なのよね。

フリーター:発明家の多くは、発明プロセスをノートや写真で記録しますね。

希望の星:発明のプロセスでは、初期のアイデアから変化して完成していきます。

フリーター:発明品を単純化していくうちに、実用的なもの近づくこともありますね。

希望の星:発明品を何度も改良を積み重ねると、初めの発明品とは異なるものに変貌します。

あげまん:それが望外のヒット商品になることもあるわ。

発明品の用途は、時代と共に変わる

フリーター:ひとつの発明から別の発明がうまれるんですね。

希望の星:発明品の利用改良は、実用上大切です。

フリーター:1つの発明品が、異分野で用いられることもありますね。

希望の星:発明品の用途は、時代と共に変化します。

今後、女性の発想による発明が増えていく

フリーター:哲学者と同様に、女性の発明家は少ないですね。

あげまん:社会に出るのは男で、女は家庭に入るもの、という風潮が
まだ残っているのよね。

ミラクル忍者:女性が発明家に向いていないのではないんだね。

希望の星:女性が男性と同様に、仕事に生きるようになれば、
女性の発想による発明も増えていくでしょう。

ミラクル忍者:そのようになれば、男が家庭に入る時代になるかもしれんね。

身近な発明品の多くは主婦による ~必要が良い発明を創る

あげまん:台所やお風呂などの家庭生活に係る身近な発明品は、
主婦による考案品が沢山あるわ。

フリーター:ふとしたヒントからでたアイデアが、大きなヒット商品になるんですね。

ミラクル忍者:偉大な発明は、天才が創るものとは限らないね。

あげまん:必要を感じる人が、良い発明を創るのよね。

Follow me!

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました