カテゴリー
人生

幸せとはゆとりをもち足るを知ること

164-4幸せとはゆとりをもって足るを知ること。
~人は人、あなたはあなた、互いに認め合い、あるがままに生きる

 

フリーター:いまの幸せを楽しんでいる人は、良い仕事をしますね。

公園にいけば、四季折々の景色を見せてくれます。

子どもからお年寄りまで、色んな人々が集っています。

希望の星:どんなに忙しくても、あなた方にはゆとりが必要です。

さわやかな風を受けながら、風景を眺めているだけでリラックスできます。

あげまん:春の芝桜が咲き誇る富士山のふもとの湖は、桜色のじゅうたんが拡がるメルヘンの世界だったわ。

東北の秋の紅葉は、奥ゆかしい幽玄の世界だわ。

自然の風景は、全て芸術の美の世界なのよね。       

希望の星:自分をとり巻く環境とは異なる世界は、心が洗われる清々しさがあります。

異次元の空間に身をおくと、自分を正しく客観視できます。

フリーター:現代人は毎日忙しさに追われていますね。
みんな人の目を気にして、窮屈に生きていますね。

希望の星:そのままのあなたでいいのです。
人は人、あなたはあなたです。
自然体で良いのです。

フリーター:視野を狭めないで、相手の意見を認めることも大事ですね。

希望の星:人には、それぞれの思いや考えがあります。
正解はひとつではなく、方法はいくつもあります。

フリーター:人の数だけ価値観がありますね。
そのどれもが間違いではないんですね。

希望の星:答えがないのも、それはまた答えです。
人生には色んな問題がありますが、答は一つとは限りません。
あいまいな考え方を受け入れてみましょう。

フリーター:違う価値観を認めれば、生きることが楽になりますね。

希望の星:人生は時に理不尽であります。
生まれた環境や境遇、それに才能や特技は、人それぞれです。
色んな違いがあることを受け入れましょう。

あげまん:いま自分に与えられたものを認めることよね。
それをどう活かしていくかが大切だわ。

今の環境の中で、どう生きてゆくかが問題なのよね。

希望の星:みんなと仲良くしなくてはいけない?
そんなことは何もありません。

いい人を演じることは、煩わしくなってしまいます。
もっとわがままな自分でいいのです。

フリーター:私たちは、他人の期待に応えるために、生きるのではないんですね。

希望の星:自分の人生は、自分のためにあります。
何もがまんしなくてもいいのです。
周りの人に頼ってもいいのです。

あげまん:自分をやさしくしてあげるのよね。

希望の星:いつも損得勘定で物事を判断しないことです。
損してもいいのです。

やりたいことは、自分の気持ちに素直になってやればいいのです。
もっと自分に素直になりましょう。

フリーター:休むこともできずに、いつも何かに追い立てられている人が多いですね。

希望の星:それでは精神的なゆとりがなくなります。
今の幸せをすてて、他の何かを追い求める必要はありません。

フリーター:私たちがホントに必要なのは、足るを知りことですね。
今いる環境に満足することですね。

Follow me!